全国研修会

平成29年度 全国研修会のご案内

日  時
平成29年7月22日(土)〜7月23日(日)
会  場
東北福祉大学
第1会場 ステーションキャンパス館(仙台市青葉区国見1-19-1)
第2会場 国見キャンパス 音楽堂けやきホール(仙台市青葉区国見1-8-1)
受付期間
平成29年5月8日(月)〜7月3日(月)
参 加 費
全国研修会:6,000円(事前振込) 懇親会:4,000円(事前振込)
テ ー マ
「診療情報最前線」
懇親会の会場が決まりました。

会場案内

7月22日(1日目)
ワークショップ〔 15:00 〜 17:00 〕
  • 受付 14:00 〜
  • 第1会場 ステーションキャンパス館
ワークショップA
6F/S602教室
〔定員80名〕
※定員に達しました
「医療の質− 重症度、医療・看護必要度編」
ファシリテーター/
阿南 誠(川崎医療福祉大学 医療福祉マネジメント学部 医療情報学科 准教授)
佐々木 美幸(箕面市立病院 診療情報管理室 室長)
柏倉 夏枝(山形市立病院済生館 医療情報管理室)

※重症度、医療・看護必要度の評価と診療行為との差に診療情報管理士がどの様に精度向上に関わるか。
ワークショップB
6F/S601教室
〔定員80名〕
※定員に達しました
「医療の質− 診療記録の監査編」
ファシリテーター/
河村 保孝(焼津市立総合病院 医事課参事 兼 診療情報管理室 室長)
鎌倉 由香(東京衛生病院 診療情報課 係長)
寺延 美惠子(専門学校岡山情報ビジネス学院 診療情報管理士学科 学科長)
上田 京子(仙台医療秘書福祉専門学校 非常勤講師)

※診療記録は、法的および診療報酬請求上の記載義務のほか、チーム医療の実践や医療の質向上、病院運営など二次的な利活用のため適切に記載されなくてはならない。診療記録の完成度を高めるため監査項目や評価方法について検討し監査シートの作成を行う。
ワークショップC
6F/S600教室
〔定員140名〕
「医療の質 − 今だから聞きたい施設基準や病院情報公表」
ファシリテーター/
荒井 康夫(北里大学病院 医療支援部診療情報管理室 課長)
須貝 和則(国立国際医療研究センター 医事管理課 課長)
枝光 尚美(大阪府立病院機構大阪母子医療センター 診療情報管理室 室長)

※公にされている自院の数字に責任を持てますか?病院情報の公表が求められているが、その情報やアセスメントの根拠、精度管理の課題をクローズアップする。
18:00〜 懇親会 ラグナヴェール仙台
7月23日(2日目)/ 第2会場:国見キャンパス 音楽堂けやきホール
時間 内容
  総合司会  柏倉 夏枝(山形市立病院済生館 医療情報管理室)
8:30〜 受付
9:00〜9:15 開会挨拶  阿南 誠(日本診療情報管理士会 会長)
来賓挨拶  末永 裕之(日本診療情報管理学会 理事長)
9:15〜10:15 講演T「平成30年 医療・介護同時改定を考える」
講師/迫井 正深(厚生労働省保険局 医療課長)
座長/島田 裕子
(国立病院機構大阪南医療センター 事務部 企画課 診療情報管理係長)

※地域医療構想を見据えた機能の役割と在宅医療や介護との一体改定がおこなわれること
に、診療情報管理士としての役割と共に医療介護間の情報共有を考える。
10:15〜10:30 休憩
10:30〜11:30 講演U「医療・介護の総合的な確保に向けたICTの活用」
講師/石川ベンジャミン光一
(国立がん研究センター 社会と健康研究センター 臨床経済研究室長)
座長/須貝 和則(国立国際医療研究センター 医事管理課 課長)

※医療分野において平成30年段階的試行運用開始予定の管理番号導入への期待や活用。
地域医療情報連携ネットワークの構築と全国への普及について知識を広げる。
11:30〜12:20 昼食
12:20〜13:00 総会
13:00〜13:10 休憩
13:10〜15:10 シンポジウム 「Disaster:災害その時に備えて」
座長/下戸 稔(大分赤十字病院 医療業務支援課長)
シンポジスト/
  1. 熊本大分地震 −災害救護の現場から−
    下戸 稔(大分赤十字病院 医療業務支援課長)
  2. 周産期部門統一電子カルテの開発と大震災時における利用経験
    福島 明宗(岩手医科大学 医学部 臨床遺伝学科 教授)
  3. WHO国際標準を踏まえた災害医療チーム診療情報管理の発展方向性
    久保 達彦(産業医科大学 医学部 公衆衛生学講座 講師)
※災害による機器障害やシステムダウン時における記録管理の課題を考える。
15:10 閉会の挨拶  日本診療情報管理士会 副会長 河村 保孝

会場案内:東北福祉大学

交通案内・時刻表

<第1会場> ステーションキャンパス館

【交通アクセス】

JR仙山線
「東北福祉大前」駅下車、徒歩0分

仙台市営バス
JR仙台駅前(西口バスプール15番乗場)
国見ケ丘三丁目福祉大野球場前行き(870系統)、市営バス実沢営業所前行き(X870系統ほか)乗車。「JR東北福祉大前駅」下車。
(所要時間約25分)運行間隔:10分〜20分
<第2会場> 国見キャンパス 音楽堂けやきホール

【交通アクセス】

仙台市営バス
JR仙台駅前(西口バスプール9番乗場)
北山・子平町循環または子平町・北山循環(999・S899系統、899・S999系統)に乗車。「東北福祉大前」下車。
(所要時間約25分) 約10〜20分間隔で運行

※宿泊は、仙台駅周辺が便利です。宿泊施設がかなり取りにくくなっているようです。お早目の手配をお勧めいたします。

全国研修会・懇親会 参加申込方法

申込方法

参加申込書をご記入のうえ、FAXまたは郵送にてお申し込みください。
参加申込書は、下記よりダウンロードすることができます。

申込方法

申込方法 [PDF:410KB]

参加申込書

参加申込書 兼 参加票 [PDF:232KB]

受付完了の後、受理印ならびに参加番号を記した『参加票』を参加票返信先FAX番号あてに返信いたします。受信可能なFAX番号をお間違えのないようご記入ください。
※郵送での返信をご希望の方は、切手貼付の返信用封筒を同封うえ、郵送にてお申し込みください 。

申込先:日本診療情報管理士会 事務局  FAX:03-3221-9892
〒102-8414 東京都千代田区三番町9-15 ホスピタルプラザビル4F
※ メールでのお申し込みは受け付けておりませんので、あらかじめご了承ください。

振込先
【お申込み分の合計額をお振り込みください】

全国研修会:6,000円  懇親会:4,000円

郵便局(郵便振替)
口座名:日本診療情報管理士会
口座番号:00180-8-446978
ゆうちょ銀行
金融機関コード:9900
店番:019
店名(カナ):〇一九店(ゼロイチキュウ店)
預金種類:当座
口座番号:0446978
カナ氏名(受取人名):ニホンシンリヨウジヨウホウカンリシカイ

『参加票(参加申込書)』を受け取り後、払込取扱票に1.会員番号、2.参加者氏名、3.参加番号を記入のうえ、参加者ご本人のお名前でお振り込みください。
振込期限:平成29年7月14日(金)迄
※参加者のご都合により欠席された場合は、研修会・懇親会ともに参加費のご返金はできません。

全国研修会当日

返信された『参加票(参加申込書)』に払込金受領証のコピーを貼付し、受付にご提示ください。
※当日、会場で参加費の支払いはできませんので、事前に上記口座へお振り込みください。


お問い合わせは日本診療情報管理士会事務局へ

このページの先頭へ戻る