全国研修会

◆会員の方を対象とした研修会です。申込みには事前の会員登録が必要です。

平成30年度 全国研修会プログラム

日  時
平成30年7月14日(土)〜7月15日(日)
会  場
【メイン会場】
ももちパレス/福岡県立ももち文化センター(福岡市早良区百道2-3-15)
【サテライト】
西南学院百年館(福岡市早良区西新6-2-92)
受付期間
平成30年5月7日(月)〜6月25日(月)
参 加 費
全国研修会:6,000円(事前振込) 懇親会:4,000円(事前振込)
テ ー マ
「新時代を迎えた診療情報管理」
〜医療の質向上に貢献する〜
7月14日(1日目)
研修会〔 14:30 〜 17:30 〕
◇受付 13:30 〜
メイン会場/ももちパレス サテライト/西南学院百年館
大ホール〔定員280名〕 多目的ホール〔定員180名〕
セミナーA「医療の質と記録」
ファシリテーター/
荒井 康夫(北里大学病院)
松浦 はるみ(長崎大学病院)
鎌倉 由香(東京衛生病院)

※事例からインシデント発生時の状況と記録の見方を整理する。診療記録で専門職間のコミュニケーションを図るための仕組みを考える。
ワールドカフェ「医療の質とは」
ファシリテーター/
下戸 稔(大分赤十字病院)
大井 晃治(旭川医科大学)
星 賢一(飯塚病院附属有隣病院)
枝光 尚美(大阪母子医療センター)

※医療の質について、その重要性を疑う人は皆無であろう。しかし、そもそも医療における質とは何か、また我々診療情報管理士が果たすべき役割やその意義とは何かなど、会員相互の自由闊達な意見交換から得られるものは、とても意義深いものになると期待される。

【ワールドカフェとは】
“カフェ”で行なわれるようなオープンな会話こそ、活き活きとした意見の交換や、新たな発想の誕生が期待できる。メンバーを変えながら、4〜5人単位で話し合いを続けることで、あたかも参加者全員が話し合っているような効果が生まれる。相互理解を深め、集合知を創出していく組織開発の手法。
小ホール〔定員140名〕定員に達しました
セミナーB「診療録の監査」
ファシリテーター/
河村 保孝(焼津市立総合病院)
島田 裕子(大阪南医療センター)
三木 幸一郎(北九州市立医療センター)
秋岡 美登惠(保健医療経営大学)

※診療録の監査は、診療情報管理専門職として重要な業務の一つである。国立病院機構QC活動で優秀賞を得たベストカルテ作成運動を紹介し、退院時サマリーの統一化の動向と診療記録のあり方を考える。病院機能評価受審においても参考となる企画である。
懇親会〔 18:20 〜 20:20 〕
『アルマリアン福岡』PDF ※地下鉄空港線「天神駅」徒歩5分
7月15日(2日目)/ メイン会場:ももちパレス
時間 内容
  総合司会  塩塚 康子(八幡総合病院 医事課長)
8:30〜 受付
9:00〜9:15 開会挨拶  阿南 誠(日本診療情報管理士会 会長)
来賓挨拶  末永 裕之(日本診療情報管理学会 理事長)
9:15〜10:45 講演T「医療の質を高めるために〜エビデンスとガイドラインの活用〜」
講師/米延 策雄(大阪行岡医療大学 特任教授)
座長/島田 裕子(大阪南医療センター 事務部企画課 診療情報管理係長)

※臨床・教育・運営管理者・研究者といった経験を経た医師として、医療における判断や方針の立て方、実際の臨床診断の根拠を論理的に整理する。
10:45〜11:00 休憩
11:00〜11:40 総会
11:40〜12:40 昼食
12:40〜14:10 シンポジウム「診療情報における専門領域からの情報発信」
座長/荒井 康夫(北里大学病院 医療支援部 診療情報管理室 課長)
シンポジスト/
  1. 診療情報管理部門からの情報発信のあり方
    來島 裕太(山口県立総合医療センター 診療情報管理室)
  2. 記録監査
    廣瀬 弥幸(広瀬クリニック 院長)
  3. 医師事務作業補助業務と診療情報管理
    今村 知美(嶋田病院 診療支援部)
※診療情報の活用による医療の質向上が期待されている。それぞれの専門領域において活躍する診療情報管理士の取り組みや課題から、診療情報の管理と活用を考える。
14:10〜14:20 休憩
14:20〜15:20 講演U「平成30年度診療報酬改定の影響と対策を考える」
講師/須貝 和則(国立国際医療研究センター 医事管理課 課長)
座長/阿南 誠(川崎医療福祉大学 医療福祉マネジメント学部 医療情報学科 准教授)

※EFデータから重症度、医療・看護必要度が評価されることについても、データ精度に信頼性が確保されてくると必然の傾向である。各種の加算や診療報酬算定の根拠は、すべて診療情報管理に結びついていることを指針の要点や改定の動向の解説を得て、診療情報管理士が果たすべき質への貢献を再認識する。
15:20 閉会の挨拶  日本診療情報管理士会 副会長 河村 保孝

会場の案内図はこちら

会場地図

会場地図[PDF:343KB]

全国研修会・懇親会 参加申込方法

申込方法

参加申込書をご記入のうえ、FAXまたは郵送にてお申し込みください。
参加申込書は、下記よりダウンロードすることができます。

申込方法

申込方法 [PDF:342KB]

参加申込書

参加申込書 兼 参加票 [PDF:220KB]

受付完了の後、受理印ならびに参加番号を記した『参加票』を参加票返信先FAX番号あてに返信いたします。受信可能なFAX番号をお間違えのないようご記入ください。
※郵送での返信をご希望の方は、切手貼付の返信用封筒を同封うえ、郵送にてお申し込みください 。

申込先:日本診療情報管理士会 事務局  FAX:03-3221-9892
〒102-8414 東京都千代田区三番町9-15 ホスピタルプラザビル4F
※ メールでのお申し込みは受け付けておりませんので、あらかじめご了承ください。

振込先
【お申込み分の合計額をお振り込みください】

全国研修会:6,000円  懇親会:4,000円

郵便局(郵便振替)
口座名:日本診療情報管理士会
口座番号:00180-8-446978
ゆうちょ銀行
金融機関コード:9900
店番:019
店名(カナ):〇一九店(ゼロイチキュウ店)
預金種類:当座
口座番号:0446978
カナ氏名(受取人名):ニホンシンリヨウジヨウホウカンリシカイ

『参加票(参加申込書)』を受け取り後、払込取扱票に1.会員番号、2.参加者氏名、3.参加番号を記入のうえ、参加者ご本人のお名前でお振り込みください。
振込期限:平成30年7月6日(金)迄
※参加者のご都合により欠席された場合は、研修会・懇親会ともに参加費のご返金はできません。

全国研修会当日

返信された『参加票(参加申込書)』に払込金受領証のコピーを貼付し、受付にご提示ください。
※当日、会場で参加費の支払いはできませんので、事前に上記口座へお振り込みください。


お問い合わせは日本診療情報管理士会事務局へ

このページの先頭へ戻る