【第1号】管理士会 短期ビジョン・ミッション、19年度委員会の活動が明確に

日本診療情報管理士会 事務局通信(事通第1号)

この度、管理士会では会員のみなさまに会の運営や事業の進捗状況をより早く知っていただくために、 事務局通信を発行することにいたしました。
事務局通信には、理事会・委員会で決議されたことや評議員メーリング等も含め、 今まさに検討されていることを定期的にお知らせいたしますのでよろしくお願いします。

去る7月16日に行われました総会により、日本診療情報管理士会は正式な組織体制が確立いたしました。
全国各地より65名の評議員が選任され、評議員会・理事会が開催されて鳥羽克子会長が就任されました。
また、会則、基本方針、組織図等の会の運営に係わる重要事項も承認され、日本唯一の診療情報管理士の職能団体が事業展開を始めます。

管理士会はこの4月の会員募集より、たくさんの方の入会をいただき、会員数は2,000名を超えました。
今まさに理事会は、組織の安定と事業推進ために活動が始まっています。
その内容をお伝えいたします。

管理士会 短期ビジョン・ミッション、19年度委員会の活動が明確に!!

  1. 短期ビジョン
    • 日本全国7地域で行う研修等の大筋を示した教育システムを確立する
    • ICD-10標準化のための実習式研修を定期開催する
    • 医事・保険情報(レセプトオンライン化・医療機能情報の公表)への対策を提言する
    • 医療事故・過誤対策における診療情報管理のあり方を具体化する
    • 診療記録の標準化を図り、診療情報管理の基準を公表する
    • 診療情報管理に関する相談窓口を設置する
    • 関連書籍、雑誌等の発刊、マスコミ等との関わりを持ち、診療情報管理士の社会的認知度を高める
  2. ミッション
    • 診療情報管理士の社会的地位の確立
    • 診療情報管理士の資質向上のための教育
    • 診療情報管理業務発展のための活動
    • 診療情報管理士資格制度のための支援
    • 診療情報管理に関連する国内、国際的な交流と協力

前回、総会で会則が承認され、委員会構成等が示されましたが、19年度委員会活動についても
大きな骨格ができようとしています。
この骨子に沿って、各委員会が計画を作成し今後の活動を行います。
なお、委員長については初年度ということもあり、各理事が分担して勤めるこことなりました。
各委員は、評議員を中心に編成されます。

19年度委員会活動 骨子

  1. 総務委員会(委員長:奥村 通子)
    • 規定、内規を整備する
    • 事務局、稟議、会計等の事務機能を確立する
    • 中長期事業計画を策定する
  2. 支部委員会(委員長:藤野 英彰)
    • 各地域の組織確立について検討し、組織間の調整をする
    • 本年度地域研修会活動を調整し、今後の活動計画、運営等を検討する
    • 各地域ブロックと管理士会の組織のあり方について検討する
  3. 広報委員会(委員長:枝光 尚美)
    • ホームページを作成する
    • パンフレット等を作成する
    • ロゴマークデザインを検討する
  4. 出版委員会(委員長:稲垣 時子)
    • 機関誌を発行する
    • メールマガジンの配信を検討する
  5. 教育委員会(委員長:伊藤 由美)
    • 診療情報管理士資格取得の教育プログラムを作成する
    • コーチングスタッフ養成研修会を実施する
    • 全国研修会の計画と実施をする
  6. 企画委員会(委員長:河村 保孝)
    • 医事・保険情報(レセプトオンライン化・医療機能情報の公表)への対策を検討する
    • 診療情報管理士の社会的認知度向上の対策を検討する
    • ICD-10標準化のための実習式研修を検討する

機関誌の発行

日本診療情報管理士会 機関誌:創刊号が9月中旬に完成します。

地域活動 地域勉強会の予定

支部委員会では、各地の評議員、会員のご協力によって地域勉強会を次の予定で開催します。
詳しくは、追ってお知らせいたしますので、もうしばらくお待ちください。
たくさんの参加をお待ちしております。

  • 10月・・・・岡山:川崎医療福祉大学
  • 11月・・・・福岡:九州医療センター
  • 12月・・・・東海:未定
  • 2月・・・・大阪:未定
  • 2月・・・・東北:未定
  • 3月・・・・全国研修会(福岡:都久志会館)

発行 日本診療情報管理士会 2007.8
許可無く転載することを禁じます。

事務局通信インデックスへ戻る

このページの先頭へ戻る