設立の趣旨

診療情報管理士の職能団体は、これまで国内を統一する組織不在のまま、複数団体が独立した事業を行ってきました。

昨今の診療情報管理士を取り巻く情勢の変化は、WHOやICDにかかわる国際情勢、DPC導入に代表される医療行政等、私たち診療情報管理士への期待が極めて大きなものになりつつあります。

一方、診療情報管理士は資格取得者数が1万3千人を超え、医療専門職としてこの期待に応えるべく、統一した組織が必要となっています。診療情報管理士の力を結集し、わが国の医療において、診療情報管理の重要性を認識してもらい、診療情報管理士の社会的地位向上を目的として新たな診療情報管理士の職能団体を設立いたしました。

2007年4月1日

このページの先頭へ戻る